タイムラインを活用することによって、お客様の興味・関心に沿ったアプローチが可能になります。